脂肪 燃焼 薬

脂肪を燃焼する薬がスゴイ!9割の医師がおすすめする医薬品がコレ!

脂肪を燃焼する薬がスゴイ!9割の医師がおすすめする医薬品がコレ!

 

脂肪燃焼と聞くと、運動や食事制限などが思い浮かぶと思います。
しかし、92%もの医師がおすすめする、脂肪を燃焼する薬があるんです。

 

しかも、安全性も高い医薬品なので、健康的に痩せることも可能です。
具体的にどんな薬なのでしょうか?ここでは「脂肪を燃焼する薬」について書いています。

 

 

ゼニカルはおすすめ?

 

最近脂肪を燃焼する薬として有名になっているのがゼニカルです。
成分名はオーリスタット(オルリスタット)と言い、ゼニカルは日本ではまだ認可されていません。

 

このゼニカルが多くの人に知られるようになったのは「ほんまでっかTV」というテレビ番組で美肌評論家の森千恵子先生が紹介したためで、ネットで検索すると真っ先に見つけられるほど話題になっています。

 

テレビを見ていた人の多くはすぐに購入しようと思ったかもしれません。しかし、購入するのは待った方がいいです。

 

というのも、体についてしまった脂肪を燃やすことに関してはゼニカルはあまり役立たないんです。
ゼニカルの効果は、食べ物に含まれる脂質が体内で消化、吸収されるのを妨げるという働きなんです。
その効果は高く、マックス2割の脂質が吸収されずに排出されます。

 

つまり、今太っていない人が今後の肥満を予防するために購入するのであればおすすめなんですが、すでに太っている人が脂肪を燃焼しようと思って使っても効果はあまり期待できないんです。

 

もちろん、今太っている人がこれ以上脂肪を付けないようにして、そこからさらにダイエットをする、といった使い方をするのであればいいんですが、せっかくなら今すでに体についている脂肪を燃焼してくれる薬を使ったほうがいいですよね。

 

今ついている脂肪を何とかしたい!ということでしたら、防風通聖散を使うのが効果的です。

 

 

92.3%もの医師がすすめている!?防風通聖散ってなに?

 

防風通聖散は漢方薬の一種で、脂肪を分解・燃焼・排出する効果があります。
利用者の幅は非常に広く、ダイエットに夢中の若い女性から、健康のために脂肪を減らしたがっている中年男性まで利用者がいます。

 

医師もおすすめするほどの効果なので、使いたくなるのは当然かもしれません。

 

 

種類が多くて選べない!そんな人がチェックすべきポイントとは

脂肪を燃焼する薬がスゴイ!9割の医師がおすすめする医薬品がコレ!

 

脂肪を燃焼してくれるということで大人気の防風通聖散ですが、その人気のせいで多くのメーカーが販売しており、どれを購入したらいいの!?と悩んでいる人も多いはずです。

 

大手メーカーであるロート製薬の和漢箋、小林製薬のナイシトールなど候補が多くて困ってしまいますよね。

 

せっかく購入するのであれば、少しでも効果が高いものがいい、でもどれがいいのか選べないという人は2つのポイントをチェックしましょう。

 

1つ目は価格です。
脂肪燃焼効果がある、といっても防風通聖散は漢方なので、1日や2日で効果が出るわけではありません。
何か月も飲むことになるので、続けられる価格かどうかというのは非常に重要な判断材料です。

 

いくら効果が高いといっても、1回購入するのがやっとでは意味がないですよね。自分の経済状況を考えて、いくらまでなら購入できるか考えましょう。

 

2つ目が原生薬量です。
漢方をよく利用する人ならともかく、漢方をあまり利用したことがない人はあまり原生薬量という言葉になじみがないかもしれません。

 

そこで、原生薬量について少し詳しく説明したいと思います。

 

 

原生薬量?処方量?漢方の基礎知識を解説

漢方を選ぶときに登場する言葉が原生薬量と処方量です。

 

漢方には様々な生薬が利用されているんですが、その生薬の量のことを原生薬量と呼びます。
漢方でも1日当たりの摂取量が決められており、その量の内どのくらいが摂取できるように作られているのかというのが処方です。
例えば、1日に飲むべき量の半分しか配合されていないなら1/2処方で、すべて配合されているのであれば満量処方です。

 

当然、同じ値段であれば処方量の多い方がお得です。値段が安いからと処方量が少ないものを選んでしまわないように注意しましょう。
飲めば飲むほど効果が出るというわけではありませんが、満量処方より少ない量だと効果がなかなか実感できないかもしれません。

 

処方量や原生薬量を知らない人の中には有効成分の量で漢方を比べてしまう人がいます。
この有効成分量には添加物も含まれており、漢方の効果を表す指標にはならないので有効成分の量は気にしないようにしましょう。

 

 

脂肪を燃焼する薬 防風通聖散 おすすめランキング!

生漢煎 防風通聖散の特徴
  • 製薬会社 アイン製薬
  • 体に吸収されやすい顆粒タイプ
  • 初回購入でかなり安い
価格 5900円(初回3900円)
評価 評価5
備考 1日あたりの価格:196円(初回130円)
定期購入は縛りなし
単品では7800円、別途送料700円
原生薬量 2710mg(満量処方)
有効成分量 4500mg
内容量 90包(30日分)
生漢煎 防風通聖散の総評
生漢煎 防風通聖散は満量処方の中でトップクラスのコスパを誇ります。さらに初回購入であれば半額で購入することもでき、かなりコストを抑えることができます。 はじめて防風通聖散を使うから効果があるか不安…、という人にもおすすめできる防風通聖散です。 また、顆粒タイプなので吸収されやすいというのも魅力的です。 初回購入が半額になる定期購入は、定期の縛りもなく、より安く購入できます。

和漢箋 新・ロート防風通聖散錠満量の特徴
  • 製薬会社 ロート製薬
  • 錠剤タイプ
  • 和漢箋ブランドが有名
  • 手に入れやすい
価格 5300円
評価 評価4.5
備考 1日あたりの価格:240円
原生薬量 2720mg(満量処方)
有効成分量 5000mg
内容量 264粒(22日分)
和漢箋 新・ロート防風通聖散錠満量の総評
錠剤タイプで飲みやすく、満量処方の防風通聖散です。 CMなどもよく流れているので、1度は見たことがあるという人は多いんじゃないでしょか。 原生薬量の最大に対し10mg多い記述がされていますが、公式に確認を取ったところ、誤差ということ。一番多い原生薬量となっていますが、ほとんど違いはないレベルです。 2位になってしまったのは価格で、22日分しか配合されていないので少しコスパが悪くなってしまっています。

ナイシトールZの特徴
  • 製薬会社 小林製薬
  • 錠剤タイプ
  • 手に入れやすい
  • CMもあり認知度が高い
価格 6000
評価 評価4
備考 1日あたりの価格:285円
原生薬量 2710mg(満量処方)
有効成分量 5000mg
内容量 315錠(21日分)
285円
ナイシトールZの総評
こちらもCMでおなじみの小林史枝訳のナイシトールシリーズで、薬局でも簡単に購入することができます。 ナイシトールZは満量処方ですが、値段がほかの2つに比べて高すぎます…。 有名メーカーで認知度も高いのですが、コストで選ぶならなかなか候補にあがらないかもしれませんね。

 

 

漢方はどれも同じ配合割合

 

会社によって漢方を作るときに生薬の割合を変えるということはあり得ません。
どの生薬をどのくらいの割合で配合するのか、というのは決まっているので、会社によって成分に差が出るということは基本ありえません。

 

つまり、満量処方であれば中身は同じなので、後はコストで選んでいいというわけです。(吸収しやすいという理由で顆粒タイプのものを選ぶ、というのもアリです)

 

有名なメーカーかどうか、という点で考えるとロート製薬や小林製薬の防風通聖散がいいような気がしますが、中身は変わらないので価格の安いアイン製薬の防風通聖散が一番おすすめです。

 

CMが流れているものが絶対にいい、というわけではないので、しっかりコストなどを考えて、本当にいいのはどの防風通聖散なのかよく考えてみましょう。

 

⇒おすすめの生漢煎防風通聖散【初回半額キャンペーン】はこちら

 

 

ほかの防風通聖散はどうしてダメなの?

脂肪を燃焼する薬がスゴイ!9割の医師がおすすめする医薬品がコレ!

 

今回紹介したのは数ある防風通聖散のなかで3つだけです。どうしてほかの防風通聖散はランクインしなかったの?と気になる人もいるかも知れませんので、一応何がダメだったのかをまとめておきます。
もしほかの防風通聖散で悩んでいたなら、チェックしてみてください。

 

 

防風通聖散エキス顆粒

 

有名なメーカー、ツムラの防風通聖散で吸収率の高い顆粒タイプです。

 

しかし、肝心の原生薬量が半分程度の1315mgで、効果を求める人にはあまりおすすめできません。
ただし、防風通聖散エキス顆粒がおすすめの人もいます。
どういう人かというと、すでに防風通聖散を利用したことがあり、お腹を下すなどの症状が出てしまった人です。

 

防風通聖散は基本的に副作用などはない安全な漢方なんですが、まれにお腹を下してしまう人もいるんです。
そういう人には満量処方よりも1/2処方などの方がおすすめです。

 

 

コッコアポEX

 

クラシエのコッコアポEX錠もテレビCMが頻繁に流れているので、知っている人は多いかもしれません。
落選の理由はツムラの防風通聖散エキス顆粒と同じく、満量処方ではない点です。原生薬量は1587mgで、防風通聖散エキス顆粒よりは多いですね。

 

顆粒タイプではなく錠剤タイプなので、どちらがいいのかは人によるかもしれません。

 

 

EGタイトpure防風通聖散

 

他の防風通聖散に比べると知名度が低いので、効いたことないという人も少なくないかもしれません。
こちらも満量処方ではなく、2/3処方となっているので効果を重視する人には少し効果が少ないものになります。

 

しかし、初めて防風通聖散を利用するから効果があるのか試してみたい、お腹が弱いので満量でいいのか心配という人にはお勧めです。

 

というのも、15日分を980円で購入することができ、コストが抜群に安いからです。
満量処方ではないのでずっと使い続けると考えると少し物足りませんが、試してみるだけなのであればかなりおすすめです。

 

ただし、定期購入を解約するのを忘れないように注意しなければいけません。

 


⇒【980円お試し】EGタイトPure防風通聖散はこちら

 

 

痩せ薬は危険性も理解しよう

脂肪を燃焼する薬がスゴイ!9割の医師がおすすめする医薬品がコレ!

 

ダイエットする女性は本当にたくさんいて、度々過激なダイエットが問題視されています。
痩せていることがとにかく重要で、痩せるために魅力を落としてしまっている人も多くいます。

 

過激なダイエットをしていると、体重は軽くなりますが健康にはよくありませんし、魅力も結局ダウンしてしまうことになります。

 

痩せ薬もそういう意味では過激なダイエットに分類されるのかもしれません。
痩せ薬は確かに効果が大きく、モデルなどの中にも利用者がいます。
しかし、個人輸入で危険なものを購入してしまい、死亡してしまうこともあります。少なくとも健康にいいものではないと思います。

 

確かに個人輸入は自己責任なので、自分が納得して購入するのであれば良いのかもしれませんが、副作用のリスクを考えるとやめた方がいいと思います。

 

防風通聖散は痩せ薬のようにすぐに脂肪を燃やしてくれるものではありませんが、安全なものですし、効果も認められています。
そういったものを利用して、少しずつでも健康的に痩せていったほうがいいのではないでしょうか。

 

 

リポドリンって痩せられるの?安全性は?

 

ダイエットサプリのリポドリンも最近注目されています。
痩せ薬を探していた人の中には、検索していて見かけたことがあるとい人も多いんじゃないでしょうか。

 

脂肪を燃焼する効果ではなく、食欲を抑える効果のあるエフェドラが配合されていて、こちらも今太っている人よりも、予防したい人が利用するのがおすすめかもしれません。

 

ダイエットサプリは、薬ではないので痩せるという効果があると問題です。
しかし、痩せたというレビューを書いている人もいて、効果が気になっている人も多いんじゃないでしょうか。

 

防風通聖散に1200mg配合されている麻黄も配合されているんですが、リポドリンに配合されているのは50mg〜100mg(1日当たり)なので、そこまで効果は期待できないと思います。

 

また、勃起不全や体臭、動悸や吐き気などの副作用も報告されています。
その原因はエフェドラエキス(麻黄)やサーモRX(R)&エクステンドRx(TM)テクノロジー独自ブレンドなどの主成分、またはこれらとほかの成分の飲み合わせなどだと考えられるんですが、どちらにしても効果、安全性を考えると防風通聖散を利用した方がいいと思います。

 

 

一番おすすめなのは1位の「生漢煎 防風通聖散」!


⇒おすすめの生漢煎防風通聖散【初回半額キャンペーン】はこちら

 

 

 

 

 

page top